サプリのお話はじめさせてくんろーっ!

皆さん、サプリメントは飲んでいますか?

日本人男性は3割、日本人女性は5割って結果がありますが、

  • 実際継続して飲んでいる
  • 飲み忘れがないように気を付けている

なんて自信を持って言える人って、ごく少数な気がします。

病院からもらった薬なら、ちゃんと容量とタイミングを守って飲むものの、なぜかサプリって続かない、という人は多いんです。そこまで必要性を感じず、更にまだ治したい病気だってないから、必死になれないんでしょうね。

でも、アメリカではサプリメント文化が浸透していて、

  • 何も飲んでいない
  • 続けて飲んだことがない

という人を探すのが大変なくらいです。そして、飲むサプリメントも数種類と、たくさん抱え込んでいる人が多くいます。

そんなサプリメント文化が浸透したアメリカですが、このようになった背景と理由、現状の問題点などを、今回は特集していきます。

どうしてアメリカ人はサプリメントを飲みまくっているの?

サプリメント先進国のアメリカ。どうしてここまで進化したのか、予想できますでしょうか。それは、国の事情がからんでいます。

サプリメントが普及したのには、アメリカの健康制度が充実していないことに起因します。

日本で病院に行くと、治療費、医療費、薬代が1割~3割の負担で済みます。手術などをしても、患者負担には上限があります。生活保護受給状態にある人は、無償となっています。日本は、健康制度が非常に高い水準で整っています。

しかし、アメリカでは、国が運営している健康保険制度がありません。個人の生命保険で準備するしかないのです。ですから、生命保険に加入していない状況で病院にかかるというのは、相当な支出になってしまうんです。

お金を理由に治療を受けることができない、ということは日常茶飯事で起こりうるのです。それがアメリカで生きていくということです。

そこで、アメリカでは、そもそも病院に行かない。健康を維持して元気に過ごす。

という観点で、サプリメントを活用しての健康増進活動が一般的になっているんです。

この考え方と活動のことを「セルフメディケーション」と言います。セルフメディケーションが浸透しているアメリカでは、サプリメントの市場規模が、なんと日本の17倍以上もあり、もはや欠かせないものとなっています。

日本に上陸済みのネイチャーメイドをご紹介

さあ、セルフメディケーションが浸透しているアメリカで、幅をきかせているブランドが、日本にも上陸しているのでご紹介しますね。それが、ネイチャーメイドです。日本では、ポカリスエットで有名な大塚製薬が製造し、販路を広げています。

1971年にアメリカで誕生し、約40年間、サプリメントの研究に特化してきた専門ブランドです。ビタミンB、ビタミンD、ビタミンEを含む9アイテムにおいて、アメリカ薬剤師が最も推奨するブランドに選定されているんです。

大塚製薬がネイチャーメイドを日本に導入を開始したのが、1993年です。日本で販売されているネイチャーメイドは、どれも日本で製造しています。

原材料の調達~品質検査まで、製薬メーカークオリティで実施ていますので、高品質なサプリメントであることは確約されていますね。安心安全です。

ネイチャーメイドのサプリメントは、

  • 香料
  • 着色料
  • 保存料

が無添加です。余計なものはいらない、純粋に摂取したい成分だけのサプリメントということになりますね。

アメリカ サプリ ネイチャーメイド

  • スーパーマルチビタミン&ミネラル
  • マルチビタミン&ミネラル
  • マルチビタミン
  • マルチミネラル
  • ビタミンBコンプレックス
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • スーパービタミンD
  • ビタミンD(400 I.U.)
  • ビタミンE400
  • ベータカロテン
  • カルシウム・マグネシウム・亜鉛
  • 亜鉛
  • スーパーカルシウム
  • カルシウム
  • 鉄(アイアン)
  • トリプルフレックス
  • アスタキサンチン
  • L-カルニチン
  • α-リポ酸
  • ルテイン
  • 植物ステロール
  • DHA
  • コエンザイムQ10
  • 大豆イソフラボン
  • グルコサミン
  • 食物繊維
  • スーパーフィッシュオイル
  • フィッシュオイル パール
  • イチョウ葉
  • 高麗人参
  • マリアアザミ
  • ノコギリヤシ
  • エキナセア

こう見ると、圧巻ですね。あらゆる成分網羅されており、さらにマルチビタミンなど、体調全般に作用する合体型のサプリメントも見受けられます。

成分から探すこともできますし、目的・用途で検索することも可能です。

ネイチャーメイド アメリカンサプリ

まさに、あらゆる体の悩みを、病院に行かずに自己治癒させる。そういったアメリカの考え方が分かる、ネイチャーメイドのサプリメントでした。

ネイチャーメイドは、ほとんどのドラッグストアで扱っているサプリメントですし、医薬品ではなく食品に分類されることから、ドン・キホーテなどの量販店でも販売可能なので、よく見かけます。

売れているかどうかはさておき、日本にもしっかりと定着していることが分かります。

これから日本もアメリカと同じ現象は起きるのか

さあ、こんなアメリカのサプリメント市場と、日本にも導入されつつある、アメリカのブランドネイチャーメイド。

これから、日本もサプリメント至上主義のような、アメリカに似た考え方が浸透するのでしょうか。

私の予測は、イエスだと思います。

なぜなら、アメリカで起こることは、日本で必ず起こるからです。アメリカでiPhoneがはやれば、日本でもはやります。アメリカで流行ったお菓子は、日本に上陸します。

サプリメントもそうです。その土地に暮らす人の考え方や環境はさておいて、サプリメントは経済を回す売り物です。そういう経済の動きが、アメリカと同じ循環をするのが、日本という国なのです。

今は、

  • 病院での助言が正義
  • 病院からもらう薬が最も素晴らしい

という思考になっていますが、薬は実は「毒」であるという情報も広がりつつあり、なるべく薬に頼らない生き方を目指す人も増えています。

そういった信仰を持つ人が、サプリメントに目覚めるのか、食事改善を徹底するのか、はたまた体力強化で登山家になるのかわかりませんが、これからがサプリメント業界のマーケティングの腕の見せ所だと思います。

17倍のあるアメリカのサプリメント市場、どこまで追いつけるでしょうか。楽しみですね。なお、日本のサプリメント市場で、もっとも売れているサプリメント材料は「乳酸菌」だそうです。

なんと、ネイチャーメイドのラインナップにはない、という面白い結果になりました。まだまだ可能性がありますよね。

まとめ

アメリカのサプリメント市場と、今後の展開を、私の独断と偏見で解説してきました。賛同してくださる方は、ぜひ拡散させてくださいね。いろんな予測を立てておくって本当楽しいですよ。

私の予言、どの程度あたるのかな。わくわくしますね(笑)

乾癬サプリメント特集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です